Cygnus - データの永続化

fiware-cygnus

Cygnus は、コンテキスト・データのソースをサードパーティ製データベースや ストレージ・システムに永続化し、コンテキストの履歴ビューを作成することを 担当するコネクタです。内部的には、Cygnus はApache Flume に基づいており、Flume はフロー・ベース・プログラミングの概念に基づいたデータ・フロー・システムです。 データ・ルーティング、変換、およびシステム・メディエーション・ロジックの強力で スケーラブルな有向グラフをサポートします。システム間のデータの流れを自動化する ために構築されました。データ・フローという用語はさまざまな状況で使用できます が、ここではシステム間の自動化および管理された情報の流れを意味します。

ドキュメント

アカデミー・コース

レッスン 1. Cygnus イントネーション

このコースをたどることで、Cygnus について学ぶことができます。 このコネクタは Orion コンテキスト・データから履歴を作成することが できます。FAQ、アーキテクチャ、基本設定と詳細設定、そして 詳細なシンク・カタログ (sink catalogue)。

レッスン 2. Cygnus を使用した、HDFS への永続化

このビデオ・プレゼンテーションでは、Cygnus を使用して Big Data Analytics のデータを永続化する方法について説明します。

ステップ・バイ・ステップのチュートリアル

Cygnus を使用したデータの永続化は、次のステップ・バイ・ステップの チュートリアルで説明しています。

(日本語)