FIWARE は、スマート・ソリューションの開発を 加速するために、サードパーティ・プラットフォーム・コンポーネントと一緒に 組み立てることができるオープンソース・プラットフォーム・コンポーネントの キュレーション・フレームワークです。

FIWARE アカデミーは、FIWARE エコシステムについて学ぶ開発者向けに利用可能なビデオ・チュートリアル、 スライド・デッキ、他のトレーニング教材が掲載されています。アカデミー内の トレーニング教材は、 FIWARE カタログ で定義されている一連のチャプターにまとめられています。

  • コア・コンテキスト管理を使用すると、コンテキスト情報を大規模に モデル化、管理、および収集して、コンテキスト対応アプリケーションを 実現できます
  • Internet of Things (IoT), ロボットおよびサードパーティ・システムは、 コンテキスト情報の更新をキャプチャし、必要なアクチュエーションに変換する ためのインターフェイスを定義します
  • コンテキスト・データ/API 管理、公開および収益化は、アプリケーションの 期待されるスマートな振る舞いの実装、および/またはエンドユーザによる スマートな意思決定を支援します
  • コンテキスト情報の処理、分析、および視覚化は、使用管理 (usage control) のサポートおよび管理されたコンテキスト・データの一部を公開および収益化する 機会をもたらします

FIWARE を展開して FIWARE Lab を使用する方法を 説明する追加のシステム運用コースや、さまざまな Genric Enaber を組み合わせて 機能するスマート・システムを作成する方法を説明する機能横断型のコースもあります。

レッスン 1. FIWARE のイントロダクション

このビデオ・プレゼンテーションでは、コンテキスト・データとは何か、 またスマート・ソリューションの開発には FIWARE などのコンテキスト・データ管理 システムがなぜ必要なのかを説明します。